敏感肌に悪い食品について

 

世の中の多くの女性が肌についての悩みを抱えていらっしゃるかと思われます。
生涯キレイな肌を維持したいと全ての女性が願っているハズです。
しかし多くの方が敏感肌や肌荒れにて困っています。

 

そんな肌トラブルは食品にて起きてしまうのです。
そんな敏感肌にとって悪い食品について掲載していきます。

 

まず白米です。
我々日本人の食生活にとって欠かす事の出来ない食品となっていますが、白米の主成分は糖分にて形成されています。
糖分は体内に摂取されると分解されますが、過剰摂取を行ってしまうと体内での分解が追い付かなくなってしまいます。

 

その為分解されなかった糖分は脂質へと変化し、体内に蓄積されてしまいます。
体内に脂質が蓄積されてしまうと血流が悪循環になってしまい皮膚組織へ正常に栄養が行き渡らなくなり敏感肌に繋がってしまいます。

 

次に油脂分が多い食品です。
近年日本人の食生活は欧米化がスタンダートになってきている為、油脂分を多く含む食事になっています。

 

油脂分は体内摂取されると脂質となり体内に蓄積され全ての消化器官に悪影響を与えてしまいます。また油脂分にはコレステロールが多く含まれており、血液をドロドロにする働きがあります。

 

血液がドロドロになってしまうと血流が低下してしまい、皮膚組織へ正常に流れなくなってしまいます。結果皮膚組織が栄養不足となり敏感肌へとなってしまうのです。
次にアルコールの摂取です。

 

アルコールは適量の摂取であれば血行が促進されるので健康的にも良いと言われていますが、過剰摂取を行うと逆効果になってしまいます。
アルコールを摂取すると体内でアルコールの分解が行われます。

 

この際体内にある水分によってアルコールが分解されていくのですが、過剰摂取をおこなってしまうと全身にある水分を使っての分解が始まってしまいます。
その為体せんたいの保水力も低下し、皮膚組織に必要な水分量まで使われてしまいます。

 

水分を失った皮膚組織の力は低下してしまい、敏感肌や肌荒れの原因に繋がってしまいます。

 

次に冷たすぎる物です。
アイスやキンキンに冷えた飲み物を摂取すると血管が縮まってしまい血液の循環が低下してしまいます。

 

その為、肌への栄養が行き渡らなくなり敏感肌の原因へと繋がってしまいます。
敏感肌の原因に繋がってしまう食品は多々あります。

 

敏感肌にてお悩みの方はまずご自身の食生活を見直す事が重要となってきます。
それが大きな予防や改善へと繋がっていくのです。