あなたは大丈夫?敏感肌を克服する3つの方法

 

あなたは自分の肌についてどう思いますか。髪の毛の刺激だったり、ちょっとした刺激ですぐに肌が荒れたり、乾燥したり脂っぽく、肌のコンディションがよくなかったり、人それぞれ悩みが多いのが肌の悩み。

 

生まれつきだから、体質だからで片づけるのは、実はとてももったいないんです。敏感肌とは、本来肌に存在するバリアの機能が失われて外からの刺激に過敏になっている状態を指します。

 

疾患でいえば、アトピーもこれにあたりますが、アトピー体質じゃなくても、食生活をはじめとする生活習慣や、間違ったスキンケアが敏感肌の引き金となっているかもしれません。

 

ということで、敏感肌を改善するには@食生活A生活習慣Bスキンケア この3つの観点からアプローチしていく必要があります。

 

食生活

 

肌をきれいに保つには、肌のバリア機能を正常に保つことが必須です。肌のバリア機能に大きな役割を担っているのが、肌の表面を覆う角質。専門的な話になると、この角質は細胞間脂質であるセラミドという分子でつなぎ留められています。

 

このセラミドが少なくなることで角質のつながりがもろくなり、外加賀の刺激に反応しやすくなってしまいます。このセラミドが減る原因が、肌のターンオーバーの遅延です。

 

角質の下には肌を構成する細胞がありますが、その細胞が一定の周期で表面に押し出されて角質となります。これをターンオーバーといいます。ターンオーバーを正常に戻すことがいい肌を手に入れるためには必要です。

 

ここで必要な栄養素が、ビタミンAとタンパク質です。ビタミンAは特に緑黄色野菜に多いとされています。タンパク質は肉を中心に様々なものに含まれています。この二つを一度にとれる食材が、卵です。

 

食生活にうまく卵を取り入れて、まず皮膚のターンオーバーを正しく治しましょう。

 

生活習慣

 

栄養管理と重なる部分もありますが、運動と良質な睡眠は大事です。良質な睡眠は成長ホルモンの分泌を促し、肌をより健康に保ちます。運動は血液循環を良くすると同時に、適度な疲労が良質な睡眠をもたらします。

 

成長ホルモンは夜の10時から2時の間によく出るとされており、この時間に寝ていることが望ましいです。せめて12時までには就寝することがいい肌を作ることにつながります。運動もまずは階段を使うなど、簡単なものから始めてみましょう。

 

スキンケア

 

スキンケアでは、過度に皮脂をとりすぎることは敏感肌に拍車をかけます。また、肌に直接刺激がかかるものが厳禁です。たとえばクレンジング一つとっても、ふき取るタイプのものは肌にとって刺激となるため好ましくありません。

 

クレンジングは水性のクレンジングジェルが刺激が弱いとされています。ジェルであれば、刺激も小さいため、敏感肌でも使うことができます。

 

また、洗顔時にはよく泡立てることが大事です。泡で洗うことで、肌への物理刺激を減らすことができます。洗顔フォームでもモイスト、保湿とうたっているもののほうが乾燥をより防ぐことができます。

 

いかがだったでしょうか。スキンケアだけでなく、栄養、生活習慣も肌にはとっても大事です。これを機にあなたもきれいな肌を目指してみませんか。