敏感肌のケアで気を付けたほうが良い事

 

化粧品や花粉、ストレスや季節の変わり目などに肌トラブルを起こしやすい肌は、敏感肌と呼ばれています。

 

敏感肌は適切にお手入れをすることで肌を健康で美しく保つことができますが、化粧品そのものにアレルギーを起こしやすい肌質ですので、化粧品選びも大切と考えられています。

 

敏感肌には、敏感肌専用の化粧品がおすすめです。
敏感肌専用の化粧品は、合成の着色料や香料、鉱物油や保存料などが配合されておらず、肌の刺激になることなく潤いを与える効果があります。

 

敏感肌の方は、様々な物質や環境でアレルギー反応を起こしやすい肌質ですが、どのような物質で肌トラブルを起こしやすいのかは人によって異なります。
自分がどのような物質で肌トラブルが起こるかわからない場合は、パッチテストやアレルギー検査が有効な場合があります。

 

皮膚科では、血液を採取することにより様々な物質へのアレルギー反応について検査することができます。
花粉やダニ、ホコリ、カビや食品などどのような物質が苦手かについてのヒントを得ることができます。

 

パッチテストは、新しい化粧品を使う時に行うと有効なテストで、肌の柔らかい部分に化粧品を塗布し、一定の時間置いてから反応を見るものです。
パッチテストをして赤みやかゆみなどが出た化粧品は使用を控えることで、不要な肌トラブルを防ぐことができます。

 

敏感肌はバリア機能が弱い肌ですので、保湿を徹底し、紫外線などの物理的刺激を避けることが重要です。
紫外線は、肌を老化させ乾燥を進行させますので、肌にマイルドなサンスクリーンを使用し、紫外線からの肌トラブルを防ぐ必要があります。

 

敏感肌には、敏感肌用の日焼け止めがおすすめです。

 

一般的に使用されている日焼け止めは、敏感肌には刺激が強すぎるものが多く、特にSPF値が高いものなどは紫外線吸収剤が配合され、それが肌を刺激するケースがあります。

 

敏感肌用の日焼け止めには、紫外線散乱剤でサンカットするタイプが多く、そのようなタイプをこまめに塗りなおすことで紫外線からの肌ダメージを防ぐことが可能です。

 

ストレスや寝不足も肌のバリア機能を低下させます。
なるべく良質の睡眠をとるよう心がけ、その日のうちに眠ったり、栄養バランスに優れた食生活を送るなどの工夫をすることで、肌を強く健康に導くことができます。

 

腸内環境も肌の健康と大きなかかわりがありますので、便秘を避け、適度な運動を心がけるのも有効と考えられます。